インドのITフリーランス達がすごい件

SnapCrab_NoName_2014-2-17_17-29-10_No-00

本当にインドはIT先進国??

IT先進国といわれることの多いインド。

しかし、日常でインドに生活していて思うことは、本当にアナログで仕事を処理している会社が多いこと多いこと・・・。

インド企業のHP等もエラーやデザインが崩れているものが非常に多く、いろいろな面をみてもインドのIT技術のすごさ

なんてほとんど感じません。

しかし、実際にインドはITを勉強するための教育機関が本当に多いです。インドの学園都市プネにおいても、ITスクー

ルが非常に多いことに驚きます。

ITを勉強する人が多い分、優秀な人も相対的に多いのでしょう。インドがIT先進国といわれる理由は「IT技術者の人口

が多い」ということでしょう。

だだ、「技術者が多い」のと、「技術を実際に生活に利用しようとする意気込み」はそこまで比例しないようです。

SnapCrab_NoName_2014-9-4_23-56-0_No-00

世界で活躍するフリーランスの約半分以上を占めているインド人

上述の通り、インドの普通に滞在している限り、ほとんどインドがIT先進国ということは実感できません。

しかし、少しその世界に踏み込んだ瞬間にインドのITパワーに驚くことになります。

近頃は、ソフトウェア開発やウェブデザインにいたるまで、IT関連の仕事を海外のフリーランスにアウトソーシングするこ

とがどんどん主流になってきています。

日本で10万~20万円かかる開発がアウトソーシングしると1~2万くらいの費用ですんでしまうことなんてあたりまえで

す。

世界のフリーランスと発注者をつなげるサービスを行っているツールのひとつとして有名なのが、

freelancer.com(フリーランサードットコム)」です。

そこで仕事を発注すると、世界のフリーランス達が仕事の受注を入札形式で希望してきます。

上の写真が仕事を発注した時の入札状況です。

実際にサイトをみてもらってわかりますが、インド人フリーランスの人達が恐ろしいくらい多いことがわかります。インド

人以外にも、インドと同じ語族圏(英語の発音が似ている)の国からのフリーランスが本当に多くの割合を占めていま

す。

実際に仕事をお願いしても、彼らは必死ですので、かなりのスピードとクオリティーで仕事をしてくれます。

この点からみると、インド人のITビジネスに関する気合と将来性がわかります。

これらのインド人フリーランサー達と自由自在にコミュニケーションをとれるようになれば、正直、安い費用でなんでも作

れるようになれます。

是非機会があったら、freelancer.comのようなツールを利用して、彼らのパワーを感じてみてください。


©2018 INSTUDY/ All rights reserved

or

Log in with your credentials

or    

Forgot your details?

or

Create Account