自分が弱いと思う人のインドでの生き方

2

最近日本ではじめて僕のインド留学時代の同期と飲み会をしました。

本当に話が尽きなくて、

アラブ人の勢いについていけず苦しんだこと。

警察に捕まったことを強く抗議したら逆に逮捕されそうになったこと…

メガネをかけずにバイクに乗ったらクラッシュして警察につかまりそうになったこと…

たまたま観光したところが違法な風俗街で警察に捕まりそうになったこと等々….

インドにいたときのことが懐かしくて、いろいろ話しました。

このように過去を乗り越えた経験を共有できる友達ってなかなかできないような気がします。

彼らには精神的にも、物理的にも本当に助けられました。

インドでであった友達と日本で会うのは初めてで、なんかいろいろな昔のことが、フラッシュバックで思い出されました。

 

インドに初めて来てから、生活を続けて、自分自身に感じたことは、

予想以上に自分は情けなくて弱い人間である、ということでした。

インドに来る前、僕は自分のことをちょうかっこよくて、強い人間だと思っていました。

そうです。僕はナルシストだったのです。

でも現実的にはインドで生活していて、

すぐ心折れるし、すぐ学校サボるし、

すぐバイクで警察に捕まるし、

インドに来て3日で速攻ホームシックになって、日本へ帰国できるまでの日数を時間単位で数えちゃうし。

日本が恋しすぎてヒンディー語のドラえもんばっか見ちゃうし。自炊できずマクドナルドとチキンフライドライスばっか食べちゃうし。

 

そして、そんな日常を送るある日、気が付きました。

 

「あれ俺ってダメじゃね??」

 

そう僕は弱い人間なのです。ダメダメなのです。

 

・・・・・・・そんな、弱い人間から・・・・・・もしインド留学を考えている人がいたら、アドバイスします。

 

もしあなたが、インドで同じ国の仲間、すなわち、日本人と出会ったら、全力で仲良くしたほうがいいです。

 

以下の理由を述べていきます。

 

 ~同じ国の人達(日本人)と仲良くすべき理由~

 

1・ホームシックが和らぐから

これは経験ですが、プネに来て日本人と初めて出会ったとき、心の張りつめていた何かが解けていくような、安堵感を感じました。

そこから、非常に日本人以外の外国人に対して、なぜかリラックスして接することができるようになりました。なぜか。

 

2・情報収集力が飛躍的に上がるから

インドに来て、日常で生きていく上において、インドでは情報収集が日本より格段に難しいです。

WEBサイトの情報なども信憑性に乏しいことが非常に多く、googleで検索しても、希望通りの情報に行きつくのは結構骨が折れます。

そうすると、一番信憑性が高く、実用的な情報はだれが持っているのか?

そう。

友達です。

友達を増すことは、価値ある情報を収集及びシェアすることになり、それにより、どんどんインドが住みやすいものになっていきます。

 

3・困った時に助けを求めやすいから

また、困った時によく助けてくれるのも、助けを求めやすいのも、やはり同じ国の仲間です。

特に英語がまだままならない時は、同じ日本語を話す仲間しか理解してくれません。

 

 

4・イライラを共有できるから

そして、イライラした時に心から愚痴をこぼすことができるのも同じ国の仲間です。

やはり、むかつくとその愚痴を誰かに話したくなります。

自分にとって予想外なことや、アクシデントが連発すると、

「自分がいけないんじゃないか・・・泣」「俺がだめな人間だから・・・・泣」

みたいに、ネガティブな感情に支配されていき、朝起きるのもいやになっていきダークサイドに落ちていきます。

そこで、その感情から逃れるための最高の手段として、日本人同士で愚痴やフラストレーションがたまった出来事を共有することです。

「警○ぶっとばす!!」「FROまじできらい!!」

・・・みたいに愚痴ることで「ああ。みんな一緒なんだな。よかった」とい感じで感情が安らぎます。

外国人の友達でもいいですが、そうすると愚痴を英語で言わなければいけないので、母国語よりイライラの怒りをうまく表現することができず、あまりストレス発散できません。

 

以上です。

結構当然のこと書いてますが、

インドだけでなくどの国でも、たまに、日本人留学生を見ていると、日本人を極端に避ける人や、なぜか冷たくする人がいたりします。

たしかに、現地にきて日本語ばかり話していたら、意味ないです。

でもそれじゃ、それでは孤立してしまいやすいですし、なにか会った時に助けてくれる人がいなくなっちゃいます。バランスが大切です。

同じ国の仲間同士で仲良くすることは、トラブルが多いインドでは特に大切だと思います。

また、それにも増して、もしあなたが日本語を話せるインド人と出会ったら全力で仲良くしましょう。

理由は上記と一緒です。

現地の人はめちゃくちゃ頼りになります。もう崇めたいくらい。

プネの場合、日本語学習者が多いしそのようなインド人の友達をとても作りやすいです。

・・・・以上の内容は、自分が弱い人間だと思う人へのアドバイスです。

イラついた時には愚痴を叫びまくって、困った時には全力で助けを求めまくる。(そして助ける)

かっこわるいですが、弱い人はそうやって生きて行かなければいけません。


©2018 INSTUDY/ All rights reserved

or

Log in with your credentials

or    

Forgot your details?