インドでのおもなメールツール

sms

インドではSMSメールとWhatsAppが主流

日本の主なメールのツールといえば、ほとんどの人が通常のメールかLINEを使用していますね。

インドでも同じように主流なメールツールがありますが、日本とは少し違います。

インドでは「SMSメール」と「WhatsApp(ワッツアップ)」が主流のようです。

SMSメールとは電話回線の電波から直接メッセージを飛ばすメールです。

また、WhatsappとはLINEのようなスマートフォン向けのアプリケーションです。

SMSメールは電話回線からメッセージを送信するのでごとに電話料金が発生するのに対し、WhatsappはLINEと同じくインターネット回線を利用しているので、ネットを使い放題契約をしている場合には追加料金は発生しません。

インドではスマートフォンはかなり普及していますが、それでもまだ日本のガラケーの様なノーマル携帯を使っている人もたくさんいます。そして、このノーマル携帯はWhatsappが利用できないので、そのような人がSMSを使うわけです。

 

 インドに滞在するときは必ずWhatsappをダウンロードしておこう。

このWhasappは海外で主流のメールツールです。日本ではLINEが主流ですが、その他の国ではLINEを使用している人は少ないようです。

インド人と友達になると「Whatsappはやっているかい?」と聞かれることが多いです。携帯でWhatsappのIDをもっている相手に電話番号を交換したり、一度電話をしたりすると、このWhatsappが自動で電話帳や履歴を読み取り、勝手に友達として登録してくれます。

したがって、友達を増やしたり、人脈を広げたりする場合にはWhatsappをダウンロードしておくと非常に便利です。

普通のメールではレスポンスが非常に遅いインド人ですが、WhatsappやSMSでメッセージを送ると、スピーディーな返信をしてくれることが多いです。

海外にいてもネット環境さえあればチャットできるので、友達付き合いを長続きするためにもいいです。

ちなみに、「WeChat」というチャットアプリもインドではよく利用されていますが、意外とインド人でも利用していない人が多いので、Whatsappで十分なのではないでしょうか。

インドにいく際は是非Whatsappをダウンロードしていきましょう!


©2017 INSTUDY/ All rights reserved

or

Log in with your credentials

or    

Forgot your details?