インドにいる韓国人を考察してみた。

Korean flag

 

インドにはけっこう韓国人が多い

韓国は日本のお隣国。なんか最近あんまり仲がよくないようですが、日本と韓国はお互い歴史的な共通点が多い国です。

インド留学において、プネには韓国人が多く留学にきています。町を歩いていて日本人を見かけることが少ないですが、韓国人をみかけることはけっこう多いです。

それでもやはりインドではアラブ圏やアフリカ圏に比べたら、東アジア出身の人間は少ないです。

いろいろな国から留学生やビジネスマンが集まり、数多くの種類の国の友達ができる中で、韓国人と一緒にいると居心地がいいこといいこと…

なんていうんでしょう…会話やテンションや距離感等のコミュニケーション全般において、日本と韓国はかなり種類が近いです。

アラブ人やインド人もいい人たちが多いですが、韓国人は圧倒的に波長があいやすいです。これはインドにきてみればすぐにわかります。

インド留学にきている日本人の留学生をみていても、最終的には韓国人と一番中がよくなる人が多いようです。

そこで、今回は韓国人の僕が感じた性格を、独断と偏見を混ぜて考察します。

india-korea-target-30-billion-dollar-trade-by-2014

1・辛いものが死ぬほど好き

韓国人の友達にご飯をごちそうしてもらことが多いですが、ふざけてるのか??と思うくらい彼らは辛い食べ物が好きです。

また、インドにおいても積極的に韓国ラーメンやキムチ等の韓国食を手配して食しています。ちなみに、プネでは日本料理屋はほぼありませんが、韓国料理屋が意外と多いです。

2・年上を敬う

韓国人同士で年下は年上の人にいつも「~ソヨー、~ソヨー」といっています。日本人でいう「です。」みたいなものですね。僕の友達は「それは人によりIt’s depends」といっていましたが、僕が韓国に旅行にいったときも結構おばさんが幅を利かせていたような気がします。

3・集まるのが好き

プネには毎週日曜に韓国人同士の集会のようなものがいくつかの地域であります。僕も一度いったことがありましたが、韓国語なので何をいっているのかわかりませんでした。しかし、その集会後に食べた韓国料理は非常においしかったです。プネの日本人会もありますが、さすがに毎週は集まらないです。

4・誕生日にはバースデイパン

昔からの慣習ではないらしいですが、韓国の若者のなかでは誕生日の人が、それを祝う人に殴られるバースデイパンという意味不明な行事があります。初めて見たときあまりに激しさに「ひっ!?」てなりました。やられている人は笑っていました。怖いよ・・・

5・女性に気を使う

女性の前で下品な話をするのを好まない人が多い気がします。女性にはやさしい人が多いです。

6・軍隊に2年間いくのが義務

この2年間の服役義務が理由で、インドにいる韓国人留学生は平均年齢が他国に比べて高いです。

上下関係を気にするのもこの服役義務により植えつけられているのでしょう。

7・もてなし好き。

よく韓国料理を作ってご馳走してくれたり、食べ物をくれたりしてくれます。また、物をあげたり、貸したり、借りたり、もらったりする頻度やコミュニティがけっこう広いです。

8・英語がめちゃくちゃ聞き取りやすい

日本と語族が一緒だからだと思いますが、韓国人の英語はめちゃくちゃ聞き取りやすいです。たまに彼らの発音をネイティブ並みの英語力をもつインド人が聞き取れず、僕がききとれる時もあるくらいです。

9・「ざじずぜぞ」がいえない

いろいろな韓国人にためしましたがほぼ90パーセント彼らは「ざじずぜぞ」がいえません。彼らの言語のこの発音はまったくないらしいです。

いつもドミノピザを「ドミノピジャ」といってます。是非彼らにであったら一度「おじぞうさま」と言ってみてもらいましょう。

以上です。

インドという大海で、日本人にとってこれほどわかりあえるやつらはいないです。

是非韓国人にあったら「ざじずぜぞ」といわせつつ仲良くなりましょう!


©2018 INSTUDY/ All rights reserved

or

Log in with your credentials

or    

Forgot your details?