モスキートラケットの奇跡

11800mosquito_trap_racket

インドは基本的にどの場所でも一年間を通して蚊が多いです。

プネでは特に3月から7月くらいにかけて蚊が多いですが、8月から12月もけっこういたりして、1月もそれといって少なくない気がします。

要するに、インドは年間を通して蚊がいます。を

しかし、どの家や場所でも蚊が多いわけではなく、周りに木々が豊富かつ、水分が豊富な場所(一緒か・・)が特に多く、例えば僕の友達の家では、窓を全開にしているくせに蚊がほとんどいないというパターンもある一方、僕の家みたいに、窓を閉めていてもどこからかわかりませんが、蚊がたくさん侵入してくる場所もあります。

蚊には本当に悩まされていました。

夜に耳元で「プ~~ン」なんて音がしてしまった時には、「きええええぇ!!!!」って叫びながら蚊を駆逐するまで寝られません。また、インドの蚊はおそらく日本よりすばやいです。発見してからの、手を使った際の殺傷確立はおそらく15パーセントくらいでした。

そこで同じフラットに住む中国人の友達のシュウ君に真剣に相談したところ、解決策をみつけちゃいました。

それはモスキートラケット!

日本ではあまり目にかかりませんが、インドにはそこらじゅうでこのラケットが売られています。

しかも安い。190Rs(360円くらい)です。

このモスキートラケットは僕の人生を変えたといっても過言ではありません。

いままでは、蚊が出現したときは、「きええええ!」となっていましたが、いまでは「さあ・・・お仕置きの時間だ・・・」みたいなハイエロファント的な余裕が生まれました。殺傷確立は80%くらいまであがりました。

いまでは、夜寝ているときに耳もとでインドの蚊が奏でるのろいの賛美歌が聞こえるときには最戦前にいる兵士が銃を抱いて寝るように、モスキートラケットをもって寝ています。

もう手放せません。

しかし、自分が電流部分に触れたら感電するので、ご注意。けっこう痛いですよ。しかし、殺ろうとする者は、一方で殺られる覚悟もしなければならないものなのです。

インドにきたら是非モスキートラケットを購入し、蚊とバトルしてみてはいかがでしょうか?


©2018 INSTUDY/ All rights reserved

or

Log in with your credentials

or    

Forgot your details?