インドIT留学について

主流になるITクラウドソーシング。

IT市場は世界規模の完全競争市場

 近年IT技術の発展に伴い、各ビジネス業界のグローバル化も急速に進んでいます。

もはやどの業界においても、新たなイノベーションのほとんどはIT技術をベースに成り立っており、ビジネスとIT技術は切ってもも切り離せない関係になってきています。

IT市場はその性質上、世界規模の完全競争市場のような状況になりつつあります。

すなわち、国同士で境目がない市場です。

人件費の高い先進諸国の業界企業が、人件費の安い新興国へプログラミング開発やWEBシステム開発等のあらゆる仕事を委託するという、「クラウドソーシング」が主流になってきています。

新たなイノベーションを生み出す人材へ。

 そのような、ビジネス環境のなかで、我が国が新たなイノベーションを生み出していくためにはどうするべきでしょうか?

それは、すべてのビジネスマンが英語力と「基本的な」IT知識を身に付けることです。

「IT技術で何ができるのか知っていること」及び 「IT技術の基本を知っていること。」がイノベーションを生み出すために重要になってきます。

インドIT留学

インドでITを学ぶ優位性。

 基本的なIT技術さえ習得していれば、英語力との相乗効果のより、クラウドソーシングで、どのようなITシステムでも安い費用でつくることができるようになります。インドはIT技術者が多く、世界で最大のクラウドソーシング先として注目されいます。

 近年において、主流となってきたクラウドソーシングサイトにおいても、インド人技術者の割合が最も高くなっています。これは、クラウドソーシングを行うにおいてインド人とやり取りする機会が多いということを意味しています。 だからこそ、インド留学において、インド人の英語やその文化を知っていることが武器になるのです。

インドIT留学で学べる内容

dev

プログラミング・Web開発

SNSや物を売るためのECサイト等のWebサービスをどのように作り上げていくのかを習得。

des

グラフィックデザイン

Web広告や、チラシ広告等により、PCでどのようにコンピューターグラフィックを作成していくのかを習得。

web-m

webマーケティング

商品をインターネットでどのように、お客様に知ってもらい、購入してもらえるのかを習得。

IT留学ができるスクール

seedinfo

SEED InfoTech

Seed infotechはインドマハラシュトラ州において最大手のIT研修期間です。1994年創立から約20年以上の研修実績で30万人以上のIT技術者を排出している学校です。マイクロソフト系、IBM系資格もSeed infotechで取得することが可能です。インドのIT留学先として外国人留学生も多く学んでいます。

MIT

MIT

MIT大学はインドのエンジニア系大学として確固たる地位を築いており、毎年数多くの優秀な学生を輩出しています。プネのKothrudに位置しており、インドの伝統建築で造られた校舎の外観は圧巻です。

©2018 INSTUDY/ All rights reserved

or

Log in with your credentials

or    

Forgot your details?